株式会社ラッピングは食品総合包装資材・工業用梱包副資材を取り扱っております

食品総合包装資材・工業用梱包副資材取り扱い

お電話でのお問い合わせ093-561-2767

企業理念

企業理念

  • 顧客第一主義をモットーにお客様の要望を迅速且つ的確に
  • 環境に配慮した商品の積極的な提供
  • 社員の幸福追求と実現

代表あいさつ

株式会社ラッピング 代表取締役 畠中博 ご挨拶当社は1953年に、商店へ乾袋の販売を始めてから今日に至るまで、食品包装資材を中心に営業してまいりました。
現在の食品包装資材は紙、ポリ袋、トレー等を始め多品種・多機能が当然のごとく流通しておりますが、創業当時ではまだ新聞紙に包んで食材を販売していたというのですから、乾袋がいかに画期的であったことは先代からよく聞かされておりました。
また、時代が進むにつれて人口増加・経済成長と平行して輸入食品の増加により圧倒的に品数が増え、それに伴い販売形態もセルフサービスによるスーパーが台頭し始めると同時にポリ袋、レジ袋、トレー等が世の中に普及したのが食品包装資材の流れです。

株式会社ラッピング 代表取締役 畠中博 ご挨拶今日では、この包装資材業界も限りある資源をいかに有効活用していくか、更に環境に配慮した提案が問われる中、絶えず地域に根ざした営業を展開し、多様化する市場の要望に積極的に応えるべく業容の拡大を図ってきました。
尚、包装資材は工業・医療・建築等にも様々な需要があり食品業界以外の営業展開も順次進めております。
当社の経営方針は、顧客第一主義をモットーにお客様の要望を迅速且つ的確にお応えすることが使命と考えており、お客様が何を求めておられるかを敏感に捉えながら、満足をお届けし続ける為には何をすべきかを真摯に問いかけ、お客様に信頼できる企業として社会貢献していく所存です。

(株式会社ラッピング 代表取締役 畠中博)

会社概要

会社名株式会社 ラッピング
代表取締役畠中 博
資本金1,000万円
創 業1953年(昭和28年)
事業内容食品総合包装資材・工業用梱包資材の販売
社員数12名
事業所本社
〒803-0835
福岡県北九州市小倉北区井堀3丁目14-18
TEL 093-561-2767 | FAX 093-561-2296
株式会社ラッピング社屋
取引先銀行三井住友銀行
大分銀行
福岡銀行
西日本シティ銀行

沿革

1953年9月北九州市若松区にて畠中商店創業
1955年9月北九州市小倉北区真鶴に事務所・倉庫を新築移転
1966年3月北九州市小倉北区井堀に事務所・倉庫を新築移転
1982年8月社名を「畠中包装」に改称
1997年9月社名を「株式会社 ラッピング」に改称
2000年5月本社・倉庫を増設
2004年10月第二倉庫増設
2006年8月第二倉庫内に加工工場増設
2008年8月工業用梱包資材関係の営業を開始
2009年8月第二倉庫を新設移転
障碍者支援施設と連携開始
2012年3月新販売管理システム導入
2012年7月医科器械関連に納品開始
2017年3月本社事務所の改装
2018年3月弁当用折箱の社内加工事業開始
2019年3月海外メーカーとの商品取引開始
介護施設関連に納品開始